「阿倍野区・防災まち歩き」を開催しました

平成29年5月14日(日)、阿倍野区役所において、都市防災教育研究センター(CERD)主催の「阿倍野区・防災まち歩き」を開催。

この「防災まち歩き」は、コミュニティ防災教室の一環で開催されたもので、7月に実施予定の「災害対応訓練」の事前学習でもあります。開催日当日は天候にも恵まれ、地域の防災リーダーや区役所の防災担当者、防災に興味・関心のある本学学生および大阪府立大学の学生など約30名が参加しました。

午前中は、阿倍野区役所をスタート地点とした約5キロのルートを実際に歩き、地域に潜んでいる災害リクスや、普段は見過ごしてしまっている防災設備・施設などについて確認しました。
午後からは、区役所内の会議室にて、それぞれのグループが収集した情報を既存の防災マップに落とし込むとともに、この地域で想定される災害リスクや今後の課題について活発に意見を交わしながら、街に潜む災害リスクの視点や災害活用施設などについての理解を深めました。

●防災まち歩き当日の様子

170522-2.JPG 170522-3.JPG 170522-4.JPG

170522-5.JPG 170522-6.JPG 170522-7.JPG