大阪市立大学都市防災教育研究センターとは

大阪市立大学では2011年3月11日の東日本大震災以後ただちに都市防災研究プロジェクトを立ち上げ、全学的な文理融合の組織で被災地支援およ び防災研究、防災教育を推進してまいりました。その約4年間の成果を踏まえて都市防災教育研究センターが設立されました。都市防災教育研究セン ターでは、東日本大震災後の新たな防災の仕組みとして、都市大阪を基盤にした「いのちを守る都市づくり」による災害知の社会実装を展開します。い のちを守ることを第一義にして、都市の災害リスクを精緻に評価して適切な避難や災害対応につなげる防災リーダーを育成するとともに、防災拠点の計 画・整備を通して、自助・共助による確かな防災力の向上をはかります。国内外の防災センター等と連携しながら、巨大複合災害に向けて、最新の災害 研究、情報技術、都市科学を踏まえた新しいコミュニティ防災システムの確立を目指しています。

コメントを残す